いわさきちひろが描くアンデルセン童話「おやゆびひめ」




絵本の情報

おやゆびひめ

【作】たちはら えりか

【絵】いわさき ちひろ

【出版社】講談社

【ページ数】28

感想

いわさきちひろさんが、挿絵を描いた「おやゆびひめ」です。

 

他の挿絵の「おやゆびひめ」の絵本が我が家にはあり、ストーリー自体は娘も知っていたのですが、いわさきちひろさんの描く絵が娘も気に入っており、今回読み聞かせました。

 

ストーリーは、元々のアンデルセン童話よりかなり簡略化されている印象を受けますが、さらりと読み聞かせるにはちょうどいい長さになっています。

まだ絵本に集中できる時間が短いというお子様にもおすすめです。

 

絵は素晴らしく、とても優しい印象の、可愛らしい「おやゆびひめ」に仕上がっています。

 

娘も気に入っていました。

プレゼントにもおすすめです。

>>こちらの絵本も人気です

<関連図書>







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!