身近な病気と体の働きを楽しく学べる絵本「ゲーとピー」




絵本の情報

ゲーとピー

【著】毛利 子来

【絵】なかの ひろたか

【出版社】福音館書店

【ページ数】28

あらすじと感想

「病気」のことを楽しく学べる絵本です。

 

ある冬の夜、寝ていたかずこちゃんは、急に気持ちが悪くなって吐いてしまいました。

次の日、「たぬき先生」の病院に行くと、「扁桃腺炎」だと診断されます。

 

どんなときにゲ−がでるか、たぬき先生は、いろいろ教えてくれました。

 

そのとき、たかしくんが「たぬきせんせ〜い!おなかがゴロゴロする!」と、かけこんできます。

たかしくんは「げりピ−」でした。

 

嘔吐したときのことがトラウマになっている娘のために、図書館で借りた本です。

 

娘がはじめて嘔吐したのは、確か1歳後半でした。

それ以来、ずいぶん経つのにその時の衝撃が忘れられないようでした。

 

この絵本シリーズは、子どもに身近な病気をとおして、私たちの体の働きの素晴らしさを教えてくれる絵本です。

>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。