コールデコット賞&絵本にっぽん賞特別賞受賞の絵本「かようびのよる」




絵本の情報

かようびのよる

【作】デヴィッド・ウィーズナー

【訳】当麻 ゆか

【出版社】徳間書店

【ページ数】30

「かようびのよる」のあらすじ

かようび、よる8時ごろ・・・

 

よる 11時21分。

 

よあけまえ、4時38分。

 

つぎの かようび、よる7時58分・・・

それは、ある火曜日の夜のこと。蓮の葉に乗ったたくさんのカエルたちが、池から町をめざして飛び始め…。夜明けまでの出来事をリアルな描写で描き、日米両国で高い評価を受けた傑作絵本。映画を見ているような場面展開が魅力的。




感想

5歳の娘と、火曜日の夜に読みました。

 

ある火曜日の夜、蓮の葉に乗ったカエルたちが、空を飛んでいます。

まずその異様な光景に、目と心を奪われます。

「なぜ?次はどうなるの?」という疑問と期待感を抱きながら、次のページへと進みます。

 

この出来事はアメリカのとある町で火曜日に実際に起こったこと、と説明がありますが、本当なのでしょうか?

蓮の葉に乗ったカエルが空を飛んだ翌週(かようび)、次はカエルではなく、あの動物が空を飛ぶなんて・・・

 

文字数は少ないのですが、強烈な印象が残る絵本です。

登場人物、動物の表情がいきいきとしていて、ユーモラスで、繰り返し絵本を開きたくなります。

 

「かようびの夜だね・・・」

この絵本を読んだ翌週、娘が意味ありげにつぶやいていました。

おすすめの関連記事☟

大人にもおすすめ!美しい絵本、絵が綺麗な絵本特集【10選】

2017.08.18

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!